女性の体のトラブル

20歳代でも発症者が増えている子宮頸がんですが、検診受診率は低い

子宮がんは、膣へと繋がっている子宮頸部に発症する「子宮頸がん」と、子宮頸部の奥に位置する子宮体部にできる「子宮体がん」という性質の異なる2つのタイプに分類されます。前者は20歳代から、後者は50歳代か のが特徴です。

HPVワクチンの副作用が問題に

集団検診などで実施される「子宮がん検診」は、子宮頸がんのスクリーニング(ふるい分け)として行う、子宮頸部の細胞診のことを指しています。これは婦人科の医師が専門の器具で子宮頸部の粘膜を擦り取って、顕微鏡で調べるものです。20歳以上の女性は、2年に1度の割合で検査を受けることが推奨されております。

さらに、近年では、子宮頸がんの発症原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染の有無を調べるHPV検査も、人間ドックやレディースドックのオプション検査として実施しているところも増えてきました。子宮体がんも、子宮頸部と同様に細胞診が基本となりますが、不正出血でがんの可能性が考えられる女性が検査対象となっており、無症状の人は検診で対象となっていません。

婦人科検診では、視診や内診などの診察により良性の子宮頸管ポリープ、子宮筋腫などが発見されるケースが多いですが、健診の目的は子宮がんの早期発見にあります。子宮頸がんは前述の細胞診だけで、前がん段階にある異形成や軽度の異常も検出することができます。

子宮頸部の細胞診の結果は、がんが疑われる段階を4つに分けて判定する方法が用いられてきましたが、近年は推定される病変が具体的に分類できるベセスダシステムが主流となっています。ただし、異常なし(陰性)以外の判定を受けた場合は、それに応じた精密検査が求められます。

子宮頸がんの大半は、セックス時にヒトパピローマウイルスに感染することで発症することがわかってきました。そのため、細胞診の結果、軽度の異常が疑われる場合には、HPV検査を受けてウイルス感染の有無確認することが推奨されます。陰性の場合は1年後に細胞診とHPV検査を受ければよいのですが、陽性の場合は生検を行います。

またHPV検査で陰性だった人は、HPVワクチン(サーバリックス、ガーダシル)を接種することで、子宮頸がんの発症リスクを大きく低下させることができます。子宮頸部細胞診で高度な異常が疑われた場合には、拡大鏡で子宮頸部の粘膜表面を医師が直接観察するコルポスコピー検査や、その際に組織の一部を採取して顕微鏡で観察する生検を実施して判定を行います。そのほか、CT、MRI、エコーなどの画像診断で病変の大きさや広がりなどを調べることもあります。

子宮体がんが疑われる場合は、エコー検査で子宮内膜の増殖を調べることが大切です。閉経後に子宮の出口が塞がって細胞診や生検が困難な場合でも実施が可能で、子宮内膜全体を調べることができます。

子宮頸がんは、妊娠・出産回数が多く、喫煙習慣のある女性、子宮体がんは、出産経験がなく、閉経が遅い女性、月経時以外や閉経後に不正出血のある女性は特に注意する必要があります。いずれのがんも20〜30歳代の女性の検診受診率が低くなっており、その対策が急がれます。