女性の体のトラブル

我慢できない痛み、自覚できるほどのしこりは子宮筋腫や卵巣嚢腫などの可能性

下腹部に痛みを感じたり、手で触れてしこりのような違和感がある場合、そのトラブルの原因の多くを占めているのは子宮や卵巣です。子宮に付属する卵巣や卵管の病気は、出血等の目で確認できる症状が現れにくいので、発見が遅れて病気がかなり進行してから医療機関を受診するケースも少なくありません。

女性の病気の重要なサイン

下腹部の痛みで多くの方が最初に連想するのは、やはり月経時の痛みではないでしょうか?女性ならば誰しもが経験したことがある下腹部が重いようなあの痛みは、子宮の収縮が原因となっています。子宮は収縮の力によって、子宮内部にたまったものを押し出すので、月経時にはこの痛みを感じることがほとんどですが、立っているのもつらいような激しい痛みは、月経困難症です。

そのほか、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因で痛みが強くなることも多いので、まず婦人科を受診して原因を明らかにすることが大切です。月経痛は、薬を服用することである程度、和らげることができます。いつものことだからと我慢せずに、つらいときには医師に相談しましょう。腹部しこりは、なかなか気づきにくいもので。自覚できるほどのしこりがあるときは、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの病気が考えられます。

女性のからだは、月経の周期に合わせて変化するデリケートなものです。月経時に腹部が痛みのはもちろん、排卵期にも張りを感じて痛むことがあります。基礎体温を測定したときに、一緒に腹部の痛みや頭痛など、気になった症状もメモしておくと、トラブルを早期発見するヒントになります。月経の周期に関係なく、激しい痛みを感じるときは、卵巣嚢腫の茎の部分が捻じれていたり、子宮外妊娠など緊急を要するケースがほとんどです。

妊娠中に、おなかが痛くなったり、貼って硬くなったりした時に、安静にしていれば症状が治まるのなら、心配する必要はありません。横になっても痛みが治まらない、出血がある、痛みが増してくるときには、流産や早産、子宮外妊娠が考えられますので、早急に参加を受診しましょう。