女性の体のトラブル

外陰部は清潔を保って、細菌が繁殖しないように心がけましょう

恥骨の上部から会陰までが「外陰」と呼ばれる場所は、妊娠や出産と密接に関係しているデリケートな器官ですが、その位置の関係上、排尿や排便時に細菌に感染しやすく、下着による摩擦、ナプキンやオリモノシートなどの刺激も重なって、女性の体でも特にトラブルが起きやすくなっています。

女性の病気の重要なサイン

細菌に感染すると、外陰部が赤くなったり、熱を帯びたりすることがあります。外陰部の強いかゆみのため、掻きむしって、ただれたり、かいた傷から細菌に感染してしまうケースも少なくありません。外陰部にかゆみが現れる病気としては、「膣カンジダ症」や「淋菌感染症」、かゆみだけでなく痛みも伴う場合には「膣トリコモナス症」などが疑われます。また、米粒から親指くらいの大きさのイボがたくさんでき、カリフラワー状の塊を形成してる場合は「尖圭コンジローマ」が考えられます。

外陰部の炎症の原因はさまざまですので、自己判断で以前に医療機関で処方された薬、あるいはドラッグストア等で購入した市販薬を使用するのは危険です。婦人科を受診するのはハードルが高いように感じられるかもしれませんが、場合によっては炎症が膣や子宮にまで広がり、最悪の場合は不妊の原因となりますので、恥ずかしがらずに早めに受診することが大切です。

外陰部のトラブルを避けるためには、まず清潔を保つことが大切です。暑い夏場はナプキンやおりものシートで外陰部が蒸れて、細菌が繁殖しやすいシーズンです。ナプキンやおりものシートはこまめに交換して、下着も通気性の高いものを選ぶようにしましょう。また「清潔にしなきゃ!」とゴシゴシ洗うのも炎症を招く原因となりますので、低刺激の石鹸を手で泡立てて、やさしく洗い流しましょう。

外陰部の黒ずみ、大陰唇や小陰唇の大きさや形などについては個人差が大きいため、悩む必要はありません。