女性の体のトラブル

外陰部や膣のかゆみ、痛みを起こすカンジダ、ヘルペス、クラミジア、淋菌の感染

女性の外陰部は肛門に近い位置にあり、下着やナプキン、おりものシートなどで蒸れやすく細菌などが繁殖しやすい環境にあるため、外陰部のトラブルに悩まされる女性は大勢います。外陰部の病気には、ウイルスによる性器ヘルペスや尖形コンジローム、そしてカンジダという真菌(カビの一種)などがあります。そのほか、ブドウ球菌などによる外陰部のできもの、バルトリン腺の炎症も、しばしばみられます。

婦人科で検査を受けましょう

また、膣も、年齢に関係なく、カンジダやトリコモナス原虫によって炎症(膣炎)が起きます。これら外陰部や膣の炎症の代表的な症状としては、おりものの量の増加、かゆみが挙げられます。おりものの量は個人差が大きいため、多いのにまったく気にしない人もいれば、それほどでもないのに気になる人もいます。

ただ、量的に下着がぐっしょりと濡れるくらいにおりものが増えるのは明らかに異常です。さらに、量だけでなく、不正出血があったり、黄色などに変色して悪臭があったりしたら、病的なおりものです。また、子宮や卵巣の病気が原因で、おりものの異常が現れることもあるので、気になる場合は婦人科で原因を検査したほうがよいでしょう。

外陰部・膣のかゆみの原因となるのは、カンジダです。総称して外陰・膣カンジダ症といいます。これはSTD(Sexually Transmitted Disease:性感染症)の一つです。カンジダは健康な人でも少量は皮膚や膣の中に生息しています。普段は何の害もありませんが、風邪などで抗菌薬を服用した後に発症することがあります。

抗菌薬は、膣内を酸性に保っている善玉の乳酸棹菌(デーデルライン桿菌)を殺してしまうため、膣の中のカンジダが増えてしまい、膣や外陰部が赤く腫れて、かゆくなったり、白いヨーグルト状のおりものが増えたりします。そのほか、睡眠不足やストレスなどで体の免疫が低下した時もカンジダが増えることがあります。カンジダが引き起こすかゆみはかなり強く、灼熱感を伴うこともあります。

カンジダのもう一つの感染ルートはセックスです。膣の中にカンジダが増殖した時に、コンドームなしでセックスをすると、亀頭の先が赤くかぶれたりします。カンジダの感染がわかれば、膣の坐薬と抗真菌薬の軟膏(クロトリマゾール、イソナゾールなど)を塗ると、2週間もあれば完治が期待できます。

もう一つ、性感染症としての膣炎に、膣トリコモナスという原虫の寄生によって起こるものがあります。これは男性の尿道にも損じしますが、男性の場合、女性と異なり無症状のため、女性が完治しても、再度パートナーから感染してしまうことがある厄介な病気です。女性の場合は、膿のようなおりものがたくさん出て、かゆみがあります。治療はパートナーも一緒に行わないとピンポン感染を繰り返してしまいます。

また、痛みを訴える代表としては、セックスを介して発症する性器ヘルペス感染症があります。性器ヘルペス感染症を発症すると、外陰部に水泡がたくさんできて痛み、熱も出て、鼠蹊部のリンパ腺が腫れて歩行が困難な状態になります。ヘルペスがこのような症状を出すのは初感染のときで、あとは体の中に潜伏して、再発型として体の免疫が低下した時などに何度も再発します。

性器ヘルペス感染症の診断は、外陰部の特徴的な症状や経過だけで、ほぼ診断がつきますが、血液中にヘルペスウイルスの抗体があったり、患部からヘルペスウイルスが見つかれば、確かになります。治療は、抗ウイルス剤のアシクロビルの服用と軟膏、重症のときには点滴を行います。性器ヘルペスのウイルスは、1回治っても殻に潜んでいるため、それを根治することはできません。したがって、妊娠した時には、再発が心配です。出産直前に再発すると、出産時に産道を通じて新生児に感染し、脳症や髄膜炎を発症するリスクがあります。

膣の奥には子宮頸管がありますが、気を付けなければならない病気にクラミジア、淋菌による炎症があります。なかでもクラミジアは国内で感染者数が最も多い性感染症で、女性の感染者が男性の約1.5倍ほど多くなっており、なかでも20歳代前半から後半にかけての若い世代が増えています。

クラミジアに感染すると、1〜3週間程度の潜伏期間の後、男性は尿道炎を起こし、排尿時の痛み、尿道のかゆみ、膿のような分泌物が出るなどの自覚症状が現れます。

一方、女性は自覚症状がないことも多く、あっても膿のようなおりもの、軽度のかゆみくらいです。そのため、知らず知らずにパートナーを感染させていることも少なくありません。

女性がクラミジアの感染に気付かないまま治療を放置していると、クラミジアが子宮の内部から卵管や腹腔へ入っていきます。そうすると炎症を起こしている部分が癒着して、卵子が卵管を通過できなくなったり、不妊や子宮外妊娠の原因となっています。現在、卵管が詰まって起こる卵管性不妊のうち、感染症によるものでは約30%が、クラミジアが原因とされています。

淋菌に感染して発症する淋病は、一時感染者数が劇的に減少しましたが、近年は増加傾向にあります。クラミジアと同様に、若い世代の患者が多いのが特徴で、クラミジア以上の感染力を持ち、性器、唇、肛門という粘膜同士の接触で感染します。

男性は、尿道炎を起こすため、排尿時の灼熱間、痛み、尿道から膿が出るなどかなり激しい症状が現れます。女性では、膿のようなおりものが出たり、軽度の腹痛がありますが、自分では気づかないこともあります。クラミジア、淋菌で注意しなければならないのは、性行為の変化で、オーラルセックスを通じて咽頭部に感染する例が増えているという点です。

尖形コンジロームは、セックスを介してヒトパピローマウイルスに感染することで、外陰部や肛門の周囲に米粒大から親指くらいの、白もしくはピンク色のイボが鶏のとさかのように固まってできる性感染症です。イボの先は尖っているのが特徴で、小さいときには症状はありませんが、大きくなると、異物感があったり、かゆみや痛みが出たり、セックスの際に出血したりします。また、尿道口や尿道内にできると、排尿障害や血尿の原因になったりします。

尖形コンジロームの治療は抗ウイルス剤や抗がん剤を含んだ軟膏を塗ったり、イボの部分を電気メスで焼いたり、冷凍凝固法をしたり、レーザーで切除するなどの方法が採られます。