女性の体のトラブル

おりものの異常が気になるときは婦人科を受診しましょう

膣や子宮から分泌される「おりもの」には、膣の中を常に潤った状態に保つことで、病原菌が侵入するのを防いだり(自浄作用)、老廃物を膣の外へ出すという大事な役割があります。通常はにおいや色もほとんどなく、月経と比較してそれほど気にならないおりものですが、膣や子宮などデリケートゾーンの異常を知る大切な手がかりとなります。

思春期はホルモンバランスが不安定

おりものの量や臭いには個人差も小さくなく、気になる人もいれば、全く気にならない人もいます。個人差があるということは、他人と比較して自分のおりものの状態が、異常(性病の症状など)なのか、あるいは正常なのかを判断することはあまり意味がありません。したがって、健康な時の自分のおりものがどうなっているかを知っておくことが、異常を早期に発見し婦人科を受診、早期治療を行うためのポイントとなります。

おりものの状態と女性ホルモンは密接に関係しており、おりものの粘り気や量の変化を知っていれば、大まかな排卵日や月経開始を知る手がかりになります。以下におりもののサイクルを簡単に説明しています。なお、下着に付着したおりものは、乾燥すると白っぽく、あるいは黄色っぽく変色し、酸っぱい臭いがすることもあります。何らかの異常による変化と早とちりしないようにしましょう。

「月経後」から2〜3日経つと、粘り気を帯びた半透明のおりものが出始めて、量がだんだんと増えてきます。おりものの量が最も多いのは、「排卵期」です。排卵日が近くなるにしたがい、量が増えてサラサラな状態になります。そして排卵が起きると透明で糸を引くようなおりものに変化します。

排卵期を越えると、粘り気は徐々に失われて、量も減ってきます。そして「月経前」になると、おりものの量は減少し、少し茶色っぽいものが出ることもあります。この時期はにおいが強いと感じる女性も少なくありません。デリケートゾーン 臭いが気になって石鹸で洗ってしまうと、デーデルライン棹菌(善玉菌)も排除されてしまい、膣の自浄作用が低下してしまうので注意しましょう。

女性ホルモンと関係の深いおりものは、年齢によってもその量や色に違いが出てきます。女性ホルモンの分泌が少ない「初経前」は、おりものの量も少なく膣が少し占める程度ですので、膣の自浄作用も成人に比べて弱く、その結果として細菌感染を起こしやすい状態にあります。下着が汚れるほど量が多く、黄色っぽい場合は膣内の炎症が疑われます。初経を迎えた「思春期」は、女性ホルモンの分泌バランスが安定していないので、おりものの量も増減を繰り返します。

女性ホルモンの分泌が最も盛んな「20〜30歳代」になると、おりものの量も増え、月経サイクルと同じような量の変化が明確になります。この年代は下着がぬれるほどおりものの量が増えることがあるので、通気性のよい下着を着用してこまめに替えることで外因炎などを予防しましょう。オリモノシートを利用する場合も、頻繁に交換するようにしましょう。

閉経後の女性は膣炎に注意

「40歳代〜」になると女性ホルモンの分泌量も段々と減少し、それに比例しておりものも減ってきます。女性ホルモンの分泌がなくなる「閉経後」は、おりものが減少することで、膣の中の自浄作用が低下していますので、膣炎などを発症しやすい年代になります。

おりものの量は、周期的に変化するだけでなく、妊娠や性的興奮などでも増加します。性向の後も量や色に変化が現れますが、これは一時的なものですので問題ありません。婦人科(もしくは性病科)の受診が必要な病気が疑われるのは、おりものの量が急に増えたり、黄色や緑、茶褐色に変化したり、生臭い悪臭を放つようになった時です。

例えば、白いおりものが増え、カッテージチーズような粒状の塊が混じり、外陰部がかゆい場合には、「膣カンジダ症」が疑われます。また生臭い匂いを放ち、黄色から緑色の泡状のおりものが出て、我慢でき機内かゆみを伴う場合には「膣トリコモナス症」、色やにおいに変化はないものの、量の増加と粘り気がある場合は「性器クラミジア感染症」、色がいつもより黄色っぽく、軽いかゆみを感じる場合は「淋病」の可能性があります。